液晶画面で写真を楽しむ

スマホの普及により、誰でも気軽に写真が撮れるようになりましたが保存できる容量には限度があり、写真をどうやって残すか悩んでいる方もいますよね。そこで、データとして保存することを考えている方におススメなのがデジタルフォトフレームというアイテムです。デジタルフォトフレームは、スマホやデジタルカメラで撮った写真を液晶画面で見ることができる機械で、一般的な写真立てのようにフォトフレームとして楽しめます。

利用方法は、写真のデータを移したSDカードやUSBメモリをデジタルフォトフレームに接続するだけで、写真の入れ替えも可能となっていて便利です。機種にもよりますが、液晶画面のため紙の写真よりも画像が美しく、劣化もしないのでいつまでもきれいな写真を眺めることができます。

大きさや機能などが豊富に展開されている

なお、デジタルフォトフレームの大きさは小型の3インチから18インチ以上の大型まで様々用意されており、画素数や機能、対応外部メモリや入力ポートの違いなどがあるので、それぞれのメリットや使いやすさを考慮して選べば良いでしょう。ちなみに電気を使用するアイテムのため電気代はかかりますが、1日中つけっぱなしでも100円程度です。

デジタルフォトフレームは、飾りたい写真を1枚表示するだけではなく、好みの写真をスライドショーにしたりランダムに表示したりして楽しむこともできます。また、カレンダー機能などが付いたものもあり、タイマーや人感センサーが搭載されていて人が近づいた時にだけ表示することも可能です。写真をデジタルで保存したい方は、楽しみ方が色々なデジタルフォトフレームを利用してみてはいかがでしょうか。