高品質な写真をフィルムでカバー

現代では写真はデジタルデータの形で保存することが多いですが、その写真をプリントした後でアルバムに貼るという保存方法もあります。印刷は身近にあるコンビニや、ネットから申し込めるプリントサービスなどを利用するのが定番で、高品質な写真として仕上げることができます。また、家庭用のプリンターでも、高性能なタイプであれば本格的な写真の印刷は可能です。そして、台紙となるアルバムの種類は非常に豊富で、デザインや機能性など色々な要素を重視した選択が可能です。基本的には貼り付けた後で上から透明なフィルムでカバーし、閉じたら中に光が入らないようにすれば、写真は長持ちします。フィルムがあるので写真には指紋が付かず、万が一飲み物など液体をこぼしてしまっても、写真は守られる可能性が高いです。

アルバムならではの強みがある

アルバムに写真を保存するメリットとしては、簡単に写真を閲覧できる点が挙げられます。すぐに取り出せる場所に置いておけば、写真を見たくなった時にただアルバムを開くだけで済みます。パソコンやHDDを立ち上げる手間がありません。そもそもパソコンを持っていない人でも、撮影用のカメラやスマートフォンがあれば、アルバムで保存することは可能です。そして、写真は原寸大のサイズのまま保存されているので、パソコンやスマートフォンのように、小さなサムネイルの中から必死になって目当ての写真を探す必要がないです。さらに、アルバムには写真以外のものも一緒に保存しておけます。よくあるのは旅行の際に使用した航空券やコンサートの半券などで、厚みのないものであればひと通り保存可能です。