できるだけ簡単に保存するなら

今では、写真もフィルムを使わずにデジタルで撮影することが主流となりました。フィルムカメラの時代では、写真は現像しないと見ることはできませんでしたが、デジタルならプリントアウトしなくてもスマートフォンやパソコンの画面で楽しむことができます。それゆえ、写真をプリントしていないという人も多いのではないでしょうか。プリントせずに写真を楽しむこともできますが、端末の故障などでデータが消えてしまう可能性もあります。記念となる写真や、良く撮れた写真はやはりプリントしておくことがおすすめです。プリントした写真はアルバムに保管することもできますが、レイアウトを考えることやテーマごとに分けるのは面倒と感じる人もいます。より簡単に保管するなら収納箱に入れることも考えてみましょう。

関連の品も一緒に保管できる

収納箱なら、サイズを気にすることなく色々なサイズの写真を一緒に保管することができます。選りすぐりの写真は、アルバムに貼り、アルバムに収めきれなかった写真を収納箱に入れるという方法もあります。写真だけではなく、撮影当時の関連の品や記念品を一緒に保管できるのも収納箱の良いところです。収納箱は市販品から好みのものを選ぶこともできますし、わざわざ購入しなくても小型の段ボール箱やお菓子の空箱などを活用することもできます。紙の箱だけではなく、プラスチックケースなどからも選べます。写真を立てて収納したい場合は、細かな仕切りがあるタイプが便利です。収納箱にどの写真が入っているのかをすぐに確認できるようにしたい場合は、年代やテーマなどを箱の表面に書いておくと良いでしょう。