大切な家族の写真や旅行の思い出が詰まった写真。いつの間にか増えてしまった大量の写真を、どうやって残せば良いのか悩んでいませんか。ここでは、見たい時にいつでも見ることができる写真の残し方についてお伝えしていきます。ご自分にあった写真保存の参考にしてください。

プリントして残す場合

昔からある一般的な写真の残し方は、紙にプリントすることです。デジタル機器が苦手な人でも気軽に見ることができますし、紙に印刷した写真には温かみがあります。ここでは、プリントして残す方法について紹介していきます。

デジタルデータとして残す場合

デジタルデータ化すれば、大量の写真をかさばらずに保存できます。また、簡単にバックアップを取ることができるので、紛失しづらいのもメリットです。ここでは、写真をデジタルデータで残す方法についてお伝えしていきます。

SDカードやハードディスクに保存

デジカメやスマートフォンで撮影した写真データを保存する方法としては、SDカードやハードディスクを使用するのが定番です。一般的に市販されている記録媒体は、単体でも非常に大きな容量があります。SDカー…

写真共有アプリで保存

デジタルデータとして写真を残す場合には、写真共有アプリで残すのが便利です。共有アプリであれば、撮影した人だけでなく、家族や招待した人と一緒に写真をシェアすることができるので、みんなで楽しむことがで…

デジタルフォトフレームで保存

スマホの普及により、誰でも気軽に写真が撮れるようになりましたが保存できる容量には限度があり、写真をどうやって残すか悩んでいる方もいますよね。そこで、データとして保存することを考えている方におススメ…

自分好みの写真集を作れるフォトブック